21世紀健康館-名古屋市天白区の整体・各種ボディケア

株式会社 ヒューマンラボジャパン

*

「 Staffブログ 」 一覧

お待ちかねの・・・

やっと届きましたぁ!

HARITHOTHコルセットファンデーション

お待ちいただいていた皆様、お待たせいたしました。

いつでも受け取りにきてくださいませ。

 

ずいぶん、顔の調子がいい気がしてます!!

『肌きれいになった?』

『顔小っちゃくなった??』

褒めてもらえると嬉しいやつ、もらえてます(笑)

 

ハリセラムとともに年齢をますます感じさせないお肌を目指しませんか♪

 

株式会社ヒューマンラボジャパン グラント・イーワンズ正規取扱店

 

公開日:

☆お身体しんどくないですか?☆

年末年始は家での~んびりと過ごされたという方が、今年は例年以上に多いのではないでしょうか。

 

家でゴロゴロして身体を動かさないと当然ながら身体は硬くなりますvEmoji007.gif

身体が硬くなると色々と身体に問題が出てくることは皆さんもなんとなくはご存知かと思います。

 

では、どうしたらいいかvEmoji197.gif

 

ストレッチをしたり・・・

適度な運動をしたり・・・

分かっているけどなかなか自分で行うのは難しいですよねvEmoji197.gif

また、今まで運動習慣があった方も、このご時世、運動しにくくなっていて身体が硬くなってしまったという方も沢山みえます。

 

そんな時は遠慮せずに他力を使ってくださいvEmoji195.gif

 

感染予防対策をしっかり行いお待ちしておりますvEmoji229.gif

 

 

 

天白区 整体 ストレッチ

21世紀健康館   六波羅

公開日:

鼻の重要性

先日、某テレビ番組で

「鼻の温度を保つとウィルス感染しにくくなる」

なんてことを言われていました。

気になり調べてみると、

鼻には様々なセンサーとなる感覚受容器があり温度・湿度を保つことは重要のようです。

温度・湿度が低いと、鼻の粘膜がダメージを負ってウィルスの侵入を許してしまいます。

他にも、鼻の皮膚温度は交感神経とも関係しており、

温度が高いと良好、低いとストレス状態などの研究があるようです。

飛沫の吸引を防ぐ事もそうですがこんな一面からも、

マスクは予防や体調管理としても有効なのでしょうね。

 

 

             名古屋市天白区の整体 21世紀健康館 牧野

公開日:

小さな習慣の変化が大きな結果となりました

患者様から嬉しいお言葉を頂きましたvEmoji313.gif

去年の春頃から体重の増加が気になり、なんとかしなければと思っておられたK様。

そんなK様に健康館で取り扱っている高機能インナーを紹介したのがちょうど夏頃vEmoji313.gif

着ているだけで姿勢の改善や、体温上昇などの代謝アップにつながる

インナーウエアからまずは始められました。

続いて履いているだけでエネルギー消費量が約20%アップするスパッツと、

上下両方を着て仕事など普段通りの生活をした結果…約半年でなんと8㌔ダウン!!vEmoji313.gif

太った中高年の男性がやせたのイラスト素材 [67356638] - PIXTA

食べる量を減らしたり、運動などの特別なことは何もしていないとのこと。

この結果にはスタッフ一同驚いておりますvEmoji313.gif

「身体を変えたい」と思ってもなかなか一歩が踏み出せないのは自分自身がそうなのでよく分かります。

まずは身につけるのを置き換えるだけの簡単な第1歩から令和3年始めてみませんか?

ご興味のある方はスタッフまでお問い合わせくださいね~vEmoji313.gif

 

21世紀健康館 大西

公開日:

☆ストレッチ初心者の方でも簡単にできる! 肩コリ予防&改善ストレッチ☆

先日、身体を動かさないと身体が硬くなってしまうプロセスと対処法についてお伝えしました。

 

今回は、具体的なストレッチの方法をご紹介します。

 

【デスクワークなどで肩が凝るという方】

 

デスクワークなどで肩が凝っている方は僧帽筋のストレッチがオススメですvEmoji195.gif

 

僧帽筋はこんな感じですvEmoji143.gif(後ろから見た図)

首の後ろから背中にかけて肩甲骨を覆っている大きな筋肉で、『僧侶がかぶる帽子(頭巾)に似た形をしている』ことから、この名前がつけられています。

肩甲骨を安定させるために様々な働きをし、首や肩関節の動きをサポートする役割もあるため、とても負担のかかりやすい筋肉です。

 

vEmoji010.gif僧帽筋ストレッチ①

①頭の後ろで手を組みます

 

②組んだ手で頭を前方へ倒します

15~20秒ほどキープしますvEmoji408.gif

※無理に伸ばすのでなく、心地よい程度でOKですvEmoji249.gif

 

 

vEmoji010.gif僧帽筋ストレッチ②

(おっさんの写真より、キレイなお姉さんの写真の方が良いかと思い2つ目は写真をお借りしましたvEmoji192.gif

①片手を背中側に回します

②反対の手で頭のてっぺんを斜め前に押し下げる

15~20秒ほどキープしますvEmoji408.gif

③反対側も同様に行ないます

※無理に伸ばすのでなく、心地よい程度でOKですvEmoji249.gif

 

 

今後も簡単にできるストレッチなどを、ブログやLINEのタイムラインなどでご紹介していこうと思っていますvEmoji195.gif

ご興味のある方はチェックしてみて下さいね~vEmoji205.gif

 

 

 

よろしければ、コチラも併せて読んでみて下さいvEmoji192.gif

↓↓↓

☆体は動かさないと硬くなる。プロセスと対処法☆

 

天白区 整体 ストレッチ

21世紀健康館  六波羅

公開日:

頭蓋骨について

最近取り組んでいることとして、頭蓋骨の調整に取り組んでいます。

頭蓋骨は、一見球状の骨に見えますが22個の骨で構成されています。

それぞれの骨が、動くことも確認されています。

頭蓋骨は、脳を保護する大きな役割がありますが脳が入っている器でもあります。

頭蓋骨のすぐ内側には硬膜があり、脳は脊髄液に浸かり硬膜でも保護されています。

頭蓋骨の歪みは、硬膜のねじれを生み、脳・脊髄に影響を与えるのではないかと考えています。

頭蓋骨を調整すると、様々な全身への影響、スッキリしない不定愁訴の改善など期待できるのでは?

と思います。  次回へ続く・・・

               名古屋市天白区の整体  21世紀健康館 牧野

公開日:

営業前の一コマ

 

HP用として健康館現メンバー6人にて写真を撮りましたvEmoji313.gif

今年の5月で健康館もあっという間に20周年を迎えます。

この写真も何年か後に「懐かしいな~」と見る日が来るかもしれません。

普段全く写真を撮らないし、残してもいないわたくしにとっては

健康館のパソコンに残っているスタッフ写真にて歴史を感じる次第ですvEmoji313.gif

ちなみに下の写真は健康館入社まもない無垢な頃のわたくしvEmoji313.gif

写真を見てつくづく思うこと…「おっさんやな~」vEmoji313.gif

本年もどうぞよろしくお願い致します。

 

21世紀健康館 大西

 

 

 

 

 

 

公開日:

☆体は動かさないと硬くなる。プロセスと対処法☆

コロナ禍の影響で、今年の年末年始のお休み明けは、例年にも増して『身体が硬くなってしまった』という方も多いのではないでしょうか?

 

筋肉は、一定期間動かさないと(刺激を入れないと)硬くなっていきます。

 

筋肉が硬くなっていく過程には、以下のようなプロセスがあります。

①筋肉の長さが変わる

②筋肉のサイズが小さくなる

③筋膜が分厚くなる

④硬くなる

といった感じです。

 

【筋肉の長さが変わる】

筋肉内には『筋節(サルコメア)』と呼ばれる『節』があります。

この『節の数』が筋肉の長さを決めています。

伸ばされた状態で固定する = 筋節が増える = 筋肉が長くなる

縮められた状態で固定 = 筋節が減る = 筋肉が短くなる

筋肉が短くなれば、その分伸ばされにくくなり硬くなります。

ゴムで例えると、同じ長さに伸ばすのであれば短いゴムより長いゴムの方が伸ばしやすいというのと同じですね。

 

また、あまり使われない筋肉はだんだんと小さく『委縮』していきます。

筋繊維のサイズが小さくなると、筋繊維の間に『隙間』が広がります。

すると、この隙間を埋める形で『筋膜』が分厚くなり筋肉の断面積における『筋膜の割合』が増すそうです。

これを『筋肉の繊維化』と言われる状態です。

 

繊維化された筋肉は『弾力性が低く、硬い状態に硬い状態』になります。

これが筋肉が硬くなっていく一般的なプロセスです。

 

 

【予防&改善をするには】

(1)筋肉に伸ばす刺激を入れる = ストレッチ

(2)筋肉に適度な負荷をかける = 筋トレ、ウォ―キング など

の2つがポイントになります。

 

(1)伸ばす刺激を入れる = ストレッチ

ストレッチを続けていくと『筋肉の長さ』が適度に保たれるので体の柔軟性が上がります。

ただし、毎日伸ばす部分と伸ばさない部分で偏りが出来てしまうとバランスを崩してしまうこともありますので全身バランスよく行うのがオススメです。

ストレッチのやり方は追ってブログでご紹介していきますね。

 

 

(2)適度に負荷をかける = 委縮させない

『筋肉のサイズ』を小さくしないことも体の柔軟性を保つうえで大切です。

適度な筋トレやウォーキングなど筋肉を動かすことを継続的に行なってください。

継続する秘訣は『無理なく、出来ることから始めて少しずつ負荷を上げていく』です。

 

 

 

天白区 整体ストレッチ

21世紀健康館   六波羅

公開日:

寒いですね~!

正月があけて最初の週末ですが、寒い日になっています。

今朝は温度計が、マイナス表示になるくらい冷え込んでいました

正月休みとこの冷え込みで、身体が動きにくくなっていませんか?

最近来院くださる方のなかで、肩・肩甲骨の動きが悪い方の傾向を紹介します。

肩甲骨と身体は鎖骨でつながっています。

肩甲骨の周りにはたくさんの筋肉があり、肩・肩甲骨の動きを担っています。

筋肉へのアプローチも大切なのですが、

鎖骨の動きを補ったり動きやすくなるよう調節するとより良い結果が出ています。

いろいろな視点から施術し、より良い結果がでるよう施術しています。

気になる方は、ご相談ください。

                牧野

                名古屋市天白区の整体 21世紀健康館 

公開日:

☆外出自粛やテレワークが増え、歩くことが減ってしまった・・・ 簡単セルフケアもご紹介☆

歩くのが遅くなった気がするvEmoji227.gifちょっと歩くと脚がだるいvEmoji227.gif・・・ といったことを感じていませんかvEmoji197.gif

 

新型コロナウイルス感染症が拡大した影響で外出の自粛やテレワークが増え、毎日の歩数が減っているという調査結果がでていますvEmoji010.gif

歩数が減ると、歩く力が落ちてしまいますvEmoji152.gif

高齢者の場合は、体力まで低下しかねませんvEmoji302.gif

 

今回は、歩く力を保つためのセルフケアをご紹介しますvEmoji408.gif

 

長く歩き続けたいなら、本来はできるだけ毎日歩くことが大切ですvEmoji013.gif

そのため、毎日一定時間ウオーキングをするのが一番ですvEmoji196.gif

歩数などを気にせず、痛みなく快適に歩けるのならどんどん歩くのがよいようですvEmoji212.gif

しかし、コロナ禍でそれができない場合は、自宅でのセルフケアが重要となってきますvEmoji229.gif

 

 

【ポイントは力強さと柔らかさ】

では、自宅で何をすればいいのでしょうか。

ポイントは、『力強さと柔らかさ』です。

力をつける部分と、柔軟性が必要な部分があるのです。

力とは、歩くのに必要な筋力の維持のことです。

お尻太ももの筋肉を鍛えられるエクササイズの王様『スクワット』や、かかとを上げ下げして、ふくらはぎを鍛える『ヒールレイズ』などを続けるのがいいそうです。

 

 

『柔らかさ』で特に重要なのは、アキレス腱の柔軟性だそうです

アキレス腱の柔軟性が、痛まない足、トラブルが起きにくい足にすることにもつながります。

ですが、アキレス腱は加齢とともに硬くなりやすいようです

アキレス腱は、かかとの骨とふくらはぎの下腿三頭筋をつなぐ、人体最大の腱で、1トンの重さに耐えうるといわれるほど、強靱です。

 

 

【アキレス腱伸ばしで柔軟性をキープ】

足には土踏まずに代表されるようにアーチ構造があり、これが私たちの体重を支えています。

アキレス腱が硬いと、歩く際に、すねが前に倒れづらくなります。

すると、足を支える構造であるアーチをつぶすという代償動作を利用して、すねを倒すことになります。

どんどんアーチがつぶれ、これが外反母趾、足底腱膜炎など、さまざまな足の痛みの原因にもなってしまいます。

 

足の痛みを防ぐには、アキレス腱の柔軟性が重要なのです

 

【壁を使ったアキレス腱伸ばしのやり方】

壁に体重をかけ、前の方のひざをゆっくり曲げる。

アキレス腱に伸びを感じながら30~60秒キープする。

その後、足を入れ替えて同様に行う。

これを左右5回ずつ行って下さい。

 

ふくらはぎは第2の心臓ともいわれ、その伸縮する動きがポンプ作用となり、静脈の血液を押し上げる役割を担っています。

アキレス腱につながるふくらはぎの下腿三頭筋がしっかり使われないと、ふくらはぎのポンプ作用が落ち、冷えやむくみも起きやすくなります。

 

そのため、まずは「壁を使ったアキレス腱伸ばし」を行うといいそうです。

これは、壁に手で体重をかけながら、じっくり伸ばす「アキレス腱伸ばし」です。

アキレス腱伸ばしは、足の若返りの万能薬ともいえるほど効果があるそうです。

アキレス腱伸ばしをしっかり行うだけで、足底腱膜炎の半数の人で痛みが治まるなど、効果も実証されているようです

 

 

【足の指もしっかり動かすのが大切】

もう一つ、柔らかさが必要なのは『足の指』です。

足の指を動かす筋肉には、アーチを維持する役割を持った筋肉が多いので、しっかり足の指を動かすことが大切です。

また、歩行時に足の指を柔らかく使い、足の親指でしっかり蹴り出していると、下肢静脈瘤や巻き爪の予防にもつながります

 

入浴時などに足の指でグー・チョキ・パーをするのがオススメです

 

 

 

 

天白区 整体 ストレッチ

2世紀健康館

 

 

 

公開日: