21世紀健康館‐名古屋市天白区の整体・加圧

株式会社 ヒューマンラボジャパン

*

柔軟性は遺伝する?!

      2018/08/13

 

『わたしは生まれつき身体がカタイから』

『わたしが硬いから子どもも硬いんです』

このように柔軟性についての遺伝の可能性を

たまに聞きます。

 

実際に柔軟性は遺伝するのでしょうか??

過去の研究結果では、

『数組の“曲芸師”の家族間に遺伝因子がある』

ことが認められているそうです。

しかし、“開脚ができる”“前屈ができる”といったような

一般的な柔軟性には遺伝の影響はほぼ存在しない

と考えられているようです。

 

生後半年から2歳半くらいまでの間に身体の硬い子を

見つけるのは難しいとされています。

 

柔軟性を決める大きな要因は“遺伝”や“加齢”ではなく

不活動を伴う“生活習慣”だと考えられているのです。

 

柔軟性の高い子どもは

〇運動がすき

〇外で遊ぶ時間や頻度が多い

〇両親に運動習慣がある

といった傾向があるようです。

 

特に幼少期の子どもは両親の生活習慣の影響を

強く受けて育ちます。

そのため、直接的に遺伝はしなくても、

身体の柔らかい親⇒身体の柔らかい子ども

身体の硬い親⇒身体の硬い子ども

といったような構図が出来上がるのですね。

 

子どものためにも親である大人の生活習慣を

見直すことが大切です。

 

ぜひ、親子でストレッチをする習慣を

つけていきましょう。

 

では、今日も一日元気に過ごせますように☀☀☀

 

 - Staffブログ